【チャレンジ通信講座体験口コミ】その時の生活リズムに合わせて柔軟に契約する


私は現在主婦で年齢は秘密です。子供は小学校3年生になります。

子供の成長やその時の興味の対象によって退会したり再開したり柔軟に対応

うちは今ベネッセのチャレンジ通信講座を始めて5年になりました。始めは0歳児の時、赤ちゃんのおもちゃを買い与える感覚でちゃれんじを購入。1歳になってキャラクターのおもちゃなどを欲しがるようになったので退会しました。

そうしたら1年後にベネッセから体験教材が送られてくるように。息子はしまじろうには興味を示さなかったものの、シール貼りやDVDに興味津々。本人がやりたいと訴えたので年中さんから再入会しました。

意識向上に貢献する制度が整っていて満足

息子は黙々コツコツと作業がするのが大好きで、幼稚園時代は教材が届くと作業系は1週間程度で終わってしまいました。親としては物足りないな・・とは思いましたが、息子は楽しそうに使っているのであえて他の教材を追加することはありませんでした。

小学校に上がるときに息子に続けるか辞めるか確認したら、新一年生キッド(おしゃべりする目覚まし時計等)に釣られたみたいで続けると(笑)しかし、実際のところ目覚まし時計は最初だけで2学期ごろには忘れ去られる存在に。

学習教材の方は、学校の宿題以外に取り組み提出する勉強「自主学習」用に使っていました。おかげで毎日取り組み、教材を溜め込むことは2年生まで0!チャレンジ側からも期日を守ってテストを提出できたと表彰状をもらい本人の意識向上に大貢献でした。

将来に必要な情報がいち早く届くのも大手ならでは

2年生の3学期、ベネッセ側から英語の通信教育の案内が届きました。今、小学生の英語授業が早まって小学4年から始まると・・。英語が大の苦手で高校受験の足枷になった私。息子に同じ思いはして欲しくないために、息子に英語の教材をやってみたいかどうか?と聞いてみました。

息子は英語の教材が紙媒体ではなく、タブレットだったことに大変興味をもちやってみたいといったので早速始めることに。その英語教材はネットを使って外国の方々と一対一で講義することが出来ました。相手の講師も自分で選べるので、息子は男性で物腰柔らかそうな人を選択していました。(女性だと恥ずかしいんだそうで)

ハロウィンやクリスマスなど行事も取り入れた講義で最初は楽しくやっていた息子。しかし小学3年生になって、6時間目まである日が1日から2日。宿題の量も増え、英語の教材まで手が回らなくなり現在はまったくやっていない状態・・。

ちゃれんじは自主学習として学校に提出が出来るけど、英語はタブレットだから学校に出せないからやってもカウントされない。やっても無駄という意識が芽生えてしまいました。
英語は退会しようかと思っています。

習慣化に成功してやってよかった

でもちゃれんじ(紙媒体)は毎日勉強はする習慣ができてやってよかったと思っています。息子もクラスで一番自主学習を頑張っていると表彰され、やっててよかったと話していました。母親としては英語の紙媒体の教材をこっそり取り入れてみようかと思案中です(笑)