もので釣れたのは中学生までだった


高校2年生男子の子をもつ母親です。現在47歳会社員をしています。

勉強をする環境は整えたがスマホばかり触っている息子

我が子は現在高校2年生、勉強はせず、ゲームなどに時間を費やしています。部活動には形だけ文科系の部に所属はしていますが、帰宅部と同じ状態です。ゲームはスマホゲームなのですが、詳しくはどんなゲームかはわかりません。ただ、見ればスマホでゲームらしきものをやっているので、こちらもイライラしています。

我が家は勉強する空間がないわけではありません。息子の部屋もあります。リビングで勉強する空間もあります。弟がいますが、うるさくて邪魔になるというほどでもありません。自営業のため、昔から両親とも忙しかったとは思いますが、中学3年生までは勉強についても一緒に話題に出すこともあったと思います。

成長するにつれ物ではつれなくなっていった

高校に入ってからは勉強について話をする時間は取れていないかもしれません。小学生高学年頃から、中学3年生までは、「成績で〇点とったらおこづかい〇円アップ」という条件で頑張らせていたことが多く、その目標に向かって息子も頑張っていました。いやいや頑張っているようにも見えなかったと思います。

高校に入り、成績があまり思わしくなかったので、中学までと同じようにおこづかいをねたに頑張らせようとしました。時にはスマホの買い替えなど、本人の興味のありそうなことなども候補に挙げてみましたが、中学の時までのくいつきとは全く違います。

違うというか、効果はありませんでした。スマホの時間がどんどん長くなっているように見え、家庭ではどうすればいいかわからなくなってしまったため、中学3年生でいったんやめた塾に行かせればまた頑張るかと思い、通塾することにしました。本人が乗り気だったわけではありませんが、おそらく本人も成績が悪いことを気にしないわけでもないので、とりあえず通ったという感じでしょうか。本人の意思のない状態で通ったため、これも失敗。そして現在に至ります。

やる気アップする方法を小さい時からいくつか模索しておくべきだった

小学校から中学まで、おこづかいやものでつりながら勉強をさせ、それがうまくいっていたと思うので、その方法しか私にはわからない状態です。その子の性格やもっとうまい方法があるのかもしれませんが、それを模索することもしなかったので後悔しています。

本人曰く、「別に今欲しいものない」状態らしいです。おこづかいやもので単純に頑張れるのはいつまでも続かないんですね。来年は受験、どうするのか心配ですし、親的にも不安です。正直、ものでつることは、完全に悪いことでも失敗でもないとは思っていますが、それしかやらなかったことを悔やんでいます。

ほかにも頑張らせ方があったならそれも経験させればよかったと思います。そして当たり前のことですが、本人の意思がない状態で何を提案してもやっぱりダメですね。

サイトマップ