【夏休みの宿題】細切れ勉強&スタンプラリー形式で宿題無事終了

38歳の女性で主婦をしながら、在宅ワークをしています。2年生になる子どもがいます。夏休み前に宿題量をみて少しびっくり!1年生の時に比べると、かなり宿題量が多くなったと感じたからです。お盆休みには、祖父母の家に1週間ほど泊まりに行く予定が入っていたので、早めに済ませるようにスケジュールを組まないと…と最初は勝手に焦ってしまいました。

とりあえず進捗状況の管理をすることにし自主性を大事にしようと思い夏休みスタート

我が家の環境は、私が専業主婦で家にいるものの在宅ワークの仕事があるため、ずっと横で一緒にみてやるわけにはいかず。また、担任の先生とお話した際に、2年生になり宿題を自分からこなしていく、自主性を養っていきたいという目標を聞いて、私もそれがいい!と感じたので、この夏は宿題に関し、基本的には本人に任せておく感じにしようと考えていました。
夫はフルタイムの仕事があるため、宿題の丸つけや、進捗状況の管理は私が主にする役割です。声かけはやっていこうと思い、まずは1日1ページずつやってみようね、と子どもと話し合い、夏休みがスタート。

自主性を育てるために子供に任せるか、ある程度親が計画して口を出していいのか葛藤

午前中はEテレを見て、ゆっくり朝ご飯。その後YouTubeをみたり、携帯アプリで遊んだり。様子を見ながら宿題やろうね!と声をかけて、1日1ページずつ進めていく日々が続きました。私もせっかくの夏休みだし、日頃を忘れてゆっくりだらだら過ごすのも楽しいよねえ、と思い、かなりゆるく1週間ほど過ごしました。
しかし、ふとある日 丸つけをしながら宿題のドリルやプリント内容をよくよく見ていくと、裏面に横12×縦10の漢字をひたすら書き込む練習があったり、読書感想文や植物観察etc。ちょっとペースを上げていかないと、後半大変かも、と感じたのです。
基本的に子どもに任せようと思う反面、できていないと私自身がイライラしてしまうのではないかと感じたり。過干渉すぎるかも、最終的には宿題ができていないのは子ども自身の責任だし、怒られるのも経験の内、母親が入り込みすぎかなと、色々少し悩みました。とは言え、夏休みは日々過ぎていく…。

(東大生の勉強法)細切れ勉強を取り入れ、生活リズムも夏休み特別だったものを普段通りに戻した

子どもの性格は、集中するとしっかり仕上げることができるタイプ。やる気が無くなると、落書きを始めたり…。でもよく考えると私自身もそうだしテレビや雑誌の受け売りですが、確か東大生の方の勉強法の話で、集中できるのは30分くらいというキーワードがあったと記憶しています。1日になるべくたくさん宿題が進み、子どもに負担がない方法を考えて、細切れ勉強をやってみることにしました。
まず夏休みということで遅めになっていた就寝時間を戻して9時前に布団へ。朝は涼しい7時くらいから宿題をすることに。30分宿題をしたら、休憩して30分自由に遊びます。そしてまた30分宿題をする…の繰り返しをやってみました。
最初は親子共々、初めての試みなのでうまくできなかったり、遊ぶほうが楽しくて、きっちり30分とはいきませんでしたが、キッチンタイマーを使ったり、携帯タイマーで音楽を流して、なるべくメリハリをつけるように、日々練習。30分で出来そうな量を、私がピンク色のペンで問題番号に付けておき、それをこなしてもらうようにしました。当初の目標、子どもの自主性に任せるからは、かなり外れてしまったんですが、今回は私自身も気持ちが軽くなるの方法を優先することにしました。
1週間続けたくらいで、子どもも慣れてきたので気づいたら自分から朝早く涼しい時間帯に、かなり集中してたくさん宿題を進めることができるようになり、ホッとしました。

スタンプラリーとご褒美でモチベーションUP宿題完了!

途中から夫が、スタンプラリーの台紙をどこからかもらってきて、宿題&家のお手伝いができたら、1日1つスタンプを押してあげていました。最後まで貯まると何か1つ好きなものを買ってあげると約束したようで、これもやる気が出た要因の1つになりました。
子どもは暑い日中は部屋に引きこもり、クーラーの中で細切れ勉強。日が落ちてきた夕方に、散歩に出たり、近所の海へ海水浴に行ったりして過ごしていました。結果的にお盆休み前に宿題を全て終わらせることができ、子どもというより私がホッとしています。あまり過干渉になるのも…と思いますが、保護者側も、イライラして怒鳴ったりするのも心地よくないですよね。アドバイスというとおこがましいですが、子ども自身の自主性も考えつつ、親側もイライラしないように、多少のゆるさと楽しむ気持ちがもてるくらいで学校宿題と向き合えたらいいのかなあと個人的に思います。
出来たら物を買ってあげる、というのも教育方針によって賛否あると思うのですが、我が家はこの方法で親子共々、なんとか平和に乗り切れたと思いますし、算数の見直しや、漢字もたくさん練習できたし、良かったなあと感じています。以上 我が家の夏休み宿題体験記でした。

サイトマップ